幼少の頃より デッサン・水彩・アクリル画など 描く楽しみを覚える。10代後半より フィルムを中心に写真を撮りはじめ、視覚表現の面白さ知る。その後 CGを含む ビジュアルアーツを総合的に学ぶ。約10年間 写真・デザインなどのアートワーク制作・デザイン講師の経験を経て 2013年に独立。現在に至る。

I learned pleasure to draw using a sketch, a watercolor, an acrylic from childhood. I knew the fun of the visual expression after I began to take a photograph with a film camera in the days of late teens. After that, I learned the overall visual arts, including CG, and did the lecturer of the design, artwork production of the photograph and the design during ten years. And I became independent in 2013.


「 & / AN-Design office 」 として、ヴィジュアルデザイナー・アートディレクターを肩書きに 媒体にとらわれない 総合的な視覚表現を創る。その他、国内外のプロジェクトに参加、クリエイターの活動も行う。携わる分野は 多岐にわたる。( 雑誌編集/グラフィック/WEB/展示/写真/映像 他 )

I create the whole of the visual expression without depending on the medium in " & / AN-Design office". In addition, I participate in domestic and foreign projects as a creator. They are engaged in the work of the field of many aspects such as the editorial, graphics, web, display, photography, video etc.


自らを置きたい場所は 心が求めるものであり、それを形造るものは 自らの中に存在する「心地」と呼ばれるもの。嬉しいと感じる心を持っていれば、哀しさも自ずと知っている。感情も 印象も 好みも、そのどれもが対となって気づくことが出来る。そして、それを 重ね合うことで ようやく言葉や表情に 形を変えてゆく。
空 風 海 森、人と自然とは よく似ている。色・質感・像、様々な「物質」の重なりと、互いの呼吸による「心緒」とを 照らし合わせることで、自分だけの「心地」が生まれる。
「もの」の好し悪しに正しい答えはなく、あるとすれば これまでの日々の歩みに どう重なったか、その想いの数だけ存在するものだと思う。
わたしの持つ何かと、誰かの良い感情が 何処かで重なることがあったとするなら、それは わたしにとっての「好い心地」の答えであり、悦びです。

─ 感謝を。

南雲 彩子

A desire of own is a stay at the places where heart is pleased, and is formed by "comfort" existing in oneself. We know also the sad feelings if I have a heart to feel that I am glad. The feelings and the impression and the preference can notice by symmetric consciousness. And we repeat it and change form into words and an expression.
The sky and the wind and the sea and the forest resemble a person very much. A feeling only for oneself is born by comparing feelings with various links such as a color, feel of a material, the image.
There is no right answer to good or bad about the thing. If there is it, I think that I am proportional to the number of expressions of the heart that we acquired in each life. If something which I create and a good feeling of somebody overlapped somewhere, it is "a good comfort" for me, and my pleasure.

─ Thanks.

ayako nagumo


© 2013 &/AN-Design office